生産者情報・圃場|会津にある南向き棚田米の佐藤農園です。献上米(会津の殿様他へ)伝承の地でつくる、希少米。

会津・南向き棚田米 佐藤農園

生産者情報・圃場

私(66歳)は、妻と次女の三人暮らしです。長女は嫁ぎ、長男は埼玉県で会社勤です。
61歳で定年を迎えた後、我が故郷、会津磐梯山の町、磐梯町赤枝(あかえだ)地区で、三年前から親父の跡を継いで米作りを始めました。
昔からの棚田を「圃場整備」し、機械化を図り、勤めのない「元気な年寄」が中心となり、やりがいを見出し「米作り」に取組んでいます。

会津磐梯

地区の稲作を魅力あるものに

稲穂

私達が「米作りを続ける」大きな理由の一つとして、「耕作を放棄すれば、地域がすぐに荒廃してしまう。」があります。
・地域の小規模稲作農家が、我が郷土を守りながら、安定した形で米作りを続ける方法はないのか?、どの様な形態が望ましいのか?
私は、国がすすめる無理な規模拡大に走るのではなく、現在の小規模稲作農家の特徴を生かす事で、ブランド米を創り出し、地区の稲作を魅力あるものにして行きたいと思って、取り組んでいます。
*ひとつの対応として、赤枝地区の南向き棚田は、昔から標高・湧水に恵まれた稲作適地であり、「会津盆地平坦部のうまい米」より「更にうまい」と言われている事です。

お米・米作りについてはこちら

食味値を上げ、「おいしい」と言われる米をつくる。

食味値に着目し、営農指導員協力の下、工夫を重ね食味値を上げ、「うまいお米」を作っています。
・有害な農薬・化学合成肥料を、大幅に削減しながら、有機肥料など人にやさしいものにより、食味値を上げています。

販売は不得手ですが
・「先ず、安全でうまいものを、おてごろ価格で」を基本に考えて、自分で売ってみる事にした次第です。

米の品質

商品情報・ご注文方法はこちら

アカトンボやホタル・イナゴ・どじょう・おたまじゃくし等がたくさんすんでいる田んぼで作る「おいしくて安全な米」を

おたまじゃくし

季節になるとホタルは少々ですがイネトンボは相当数飛び交っている所で作った、
「安全でうまい米」です。
 「アカトンボやホタル・イナゴ・どじょう・おたまじゃくし等」がたくさんすんでいる、
少々草の出ている自然な田んぼで作らなけば、「おいしくて安全な米」にはならないという事だと思っています。

ご注文・お問合せはこちらから

このページの先頭に戻る